米田規子 俳句集(2019年)
 

響焔2019年1月号掲載

光焔集

よく歩く    米田 規子

濡れ髪の乾いてかろし二十日月
秋めいて碁盤の上の黒と白
金木犀よく歩くこと眠ること
木漏れ日のベンチにどうぞ赤蜻蛉
十月やしなやかに鯉あざやかに
紅葉且つ散りそれぞれの道半ば (石倉夏生抄出)
晩秋をいっしんふらん同世代


響焔2019年2月号掲載

光焔集

初時雨    米田 規子

草紅葉少女と交す一語一語
老いに抗いカリカリと次郎柿
(石倉夏生抄出)
切る洗う茹でる炒める初時雨
(森村文子抄出)
木枯一号朝刊とマグカップ
好日のごしごし洗う泥の芋
あのころをともに遊んで冬木立
想像のもっとその先冬木の芽


響焔2019年3月号掲載

光焔集

青いひかり    米田 規子

冬の日の茶房大きな古時計
二階から絵具の匂いクリスマス
うつし世の青いひかりの冬の街
風花やうすき耳朶父に似て
シャンパンの泡の煌めき年惜しむ
ともしびを探しておりぬ大枯野
人参のグラッセの艶誕生日


特別作品

初明り    米田 規子

水底に冬の日揺らぎ一行詩
家古りてほのぼの林檎煮る匂い
神仏はねむり聖夜の赤ワイン
枯木星うしろ姿を見送りぬ
キャンバスに絵の具の起伏初明り
大根をざくと乱切り古希近し
ピラカンサ少し離れて考える
きらきらと寒晴れ朝の玉子焼


響焔2019年4月号掲載

光焔集

逆光    米田 規子

短日の入口出口パスワード
東京寒波逆光に犇いて
(和田浩一、川嶋悦子抄出)
ひだまりに目を瞑る猫寒すみれ
干し芋のやさしい甘み冬ざるる
父遠く寒鰤踊る日本海
一人二個餅裏返すタイミング
友来る雪国抜けて空っ風


響焔2019年5月号掲載

光焔集

紅椿    米田 規子

立春の胸いっぱいに空の青
(川嶋悦子抄出)
ひさびさに会って別れて紅椿
平等に二十四時間葱坊主
(山崎總、和田浩一抄出)
草餅を好み実直なる男
くらがりに多肉植物冴返る
墨色の鯉の群れ来る春の風
如月のレモンイエロー未来都市


響焔2019年6月号掲載

光焔集

春の雷    米田 規子

ボサノバのリズムと珈琲風光る
赤ペン青ペン三月を埋め尽し
(川嶋悦子抄出)
大理石のロビーにピアノ春の雷
(和田浩一抄出)
百人の眠りの飛行おぼろかな
空港の人種のるつぼ冴返る
プレッシェルをぽりぽり噛んで春愁
もう一枚羽織り煉瓦の春の家
(山口綾子抄出)


響焔2019年7月号掲載

光焔集

春禽    米田 規子

シリアルにミルク春禽の赤い胸
青空に聳える教会チューリップ
囀りやゆめから醒めぬ赤ん坊
もどかしく英語の国の八重桜
伝説のタコス頬ばり春の雷
マグノリア散り教会の重い扉
YES・NO梨の木高く梨の花


響焔2019年8月号掲載

光焔集

アマリリス    米田 規子

朦朧と五月始まり風の音
とっぷりと日本人なり柿若葉
夏来る大地を蹴ってスニーカー
つつじ燃え尽き先頭の青い旗
女の子異国に育ちアマリリス
おとうとに伝えたきこと夏燕
万緑や七十代の声の張り


響焔2019年9月号掲載

光焔集

更衣    米田 規子

夕暮れの風ざわざわと姫女苑
シャンプーの香りが残り走り梅雨
膕をぐいと伸ばして更衣
はかなさのもっとも美しき梅雨の月
短夜のパソコン開き遠い国
六月は水玉模様ラブソング
落日や夏帽振って声出して


響焔2019年10月号掲載

光焔集

白夜    米田 規子

いちにちのスタート青芒光る
梅雨長く「パリの休日」好きな曲
生き抜いて昭和平成まくわ瓜
逃走の思考のゆくえ雲の峰
コーヒーを好みの濃さに朝曇
大きく揺らぎ炎天の影法師
ノルウェー白夜左手のピアニスト


米田規子 俳句ホームページインデックスに戻る。

ご意見をお願いします。